スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
『キャプテンとして』 -J1第30節
2006-11-11 Sat 18:34
ALL COME TOGETHER!

ホーム埼スタに横浜FMを迎える
下位に低迷しているとはいえ、過去の対戦成績@埼スタでは2敗2分とレッズは全くいいところなし

ホーム19試合負けなしのパワーとどちらの方が有効か勝負じゃあ~
20061112102935
(撮影:相棒)
レッズツボに加え、ホリが天皇杯で半月板を損傷し今期絶望、ヒラ/ギシも欠場となかなかキビしいチーム事情

試合は序盤からお互いの良さを消し合ってるような展開
いい意味で慎重な立ち上がりやけど見てる方は気が気でない

徐々に押され始めた前半33分、一瞬のスキを突きレッズが先制
相手ゴールキックを啓太がヘッドで跳ね返したボールが今日右サイド先発の永井
ループでDFの頭を越すと裏に走り込んだポンテにピタリ
深くえぐってマイナスのラストパス、そこに走り込んだ暢久が落ち着いて流し込んだ
何気なく見えるゴールやけど、トップスピードで走り込んでグラウンダーのボールをダイレクトできっちりインサイドに当てて克つ枠内に蹴りこむというかなり高い技術が必要とされるプレー
ボクも実際にサッカーしてるから分かります

それにしてもここ数試合の暢久はキレキレ
キャプテンとしてチームを引っ張っていくぞという気持ちが見えるよね
貫禄もついてきたし

先制したあとは落ち着きを取り戻し、徐々に本来のレッズのプレーが見られるようになった
その後迎えた何回かの決定期のどれかひとつでも決めてれば楽になってたんやろけど追加点ならず

最後の相手の攻勢を乗り切り最小点差で勝利

こうなるとライバルの結果が気になるトコロ
結果はG大阪/川崎Fともに敗れたという場内アナウンス(朝井さんの声も弾んでましたぁ)

ちなみにホーム20戦無敗(Jタイ記録)というオマケつき

残り4試合で勝ち点6差
確かにレッズ優位は揺るがないかもしれないけど今後も名古屋(A)/甲府(H)/東京(A)/大阪(H)と侮れない相手が続く


【Jリーグ第30節@埼スタ】
浦和R 10 横浜FM

得点
  浦和R: 暢久(33')
  横浜FM: (なし)

  GK: 都築
  DF: 内舘 / 闘莉王 / ネネ
  MF: 永井 / 啓太 / ハセ / アレ(87'相馬) / 暢久
  FW: ポンテ(85'伸二) / ワシ
スポンサーサイト
別窓 | 浦和レッズ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<三夜連続日本代表 第一夜: U-19『AFCユース選手権』 | CALCiOのブログ★★ | [教室]C4練習MEMO_061111>>
この記事のコメント
広い横浜とかを試合しなかった。


2006-11-20 Mon 16:10 | URL | BlogPetのアレ君 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| CALCiOのブログ★★ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。